あしかのらいぶらりぃ
はじめにお読み下さいこの小説を修正する設定
メインページに戻るサイトトップに戻る
大 中 小
執筆者: カービィマター/投稿日時: 2015/07/21(火) 18:08:46
投稿者コメント:
何と!もう3話か!いや〜文章っていう媒体はホントいいですね〜。実はこの「JOKERS」、漫画でも描いてたりするんですが…全く進んでない!
もう頭の中では何もかもできあがってるんですけどねぇ…それを絵にするのは面倒で…w
急襲
「おーい、誰かー、皿が3枚足りないぞ!」
その後、ジョーカーの歓迎会を兼ねた夕食の準備が着々と進められていた。
「あのー…」
「どうしたの、ジョーカー?」
「ぼ、ぼくにも何か、手伝えることは…」
「んー…手伝うことねぇ…あ、そうだ!ついてきて!」
ジョーカーはグラスについていった。
そして、そこにあったのは、
「これを運ぶのを手伝ってくれない?」
「うわぁ!」
あの獣だった。
「ああごめん、驚かせちゃった?うちの部族では、こういう特別なときとかに、このグリベマーをよく食べるんだ。」
「グリベマー…?」
「そう。グリベマーはこの辺りでも特に凶暴な獣でね、大人達が数人がかりで仕留めるの。だからあなたがそんな奴と倒れててしかも無事だったから、みんな驚いてたよ。」
「そ、そんな凄い獣だったのか…」
「ねえ、記憶が戻ったら、みんなにも倒し方教えてよ!」
「う…うん…」
そして、間もなくジョーカーの歓迎会が開かれ、ジョーカーは草原の民達と仲良くなった。記憶があまり無いので答えにくい質問もあったが、あまり気にしなかった。
それから、そこで暮らすうちに、様々なことを学んだ。草原の民での暮らしにも慣れ、特に最初に会ったグラスとは仲が良くなった。

ひと月ほどたったある日の夕方。
夕日に照らされ黄金に輝く草原に、美しい笛の音が響いていた。
「グラスは草笛が上手いね。」
「そう?昔から、よくやってるんだ。」
「二人とも、もう少ししたら戻るぞ。」
「はい。」
「分かった。」
少女は頭の鈴を少し揺らすと、また草笛で音を奏でだした。少年はそれに耳を傾けた。そして、それを見守る老人の瞳は優しく、頭では蔓でできた冠が夕日を浴びて輝いていた。
こんな日が、いつまでも続く、誰もがそう思っていた。

翌日。早朝、ジョーカーは近くの川に、水を汲みに行った。
―そして、村に戻ったときには、もう手遅れだった。
「……」
そこには、少年の目の前に広がっていたのは、いつもの村ではなかった。

ただの、一面の焼け野原だった。ついさっきまで、村のあった場所には何もなかった。ただ、いくつかの骨が散らばっているのと、まだわずかに残っていた小さな火が、まばらに見えるだけだった。
「そんな…」
少年は、ただ立ち尽くすことしかできなかった。
そして、その後ろにはジョーカーを見つめる一つの怪しい影があった―

この作品についてのコメント/評価 (0)
 前の話へ  次の話へ 
(c) 2010, CGI Script by Karakara

- Rental Orbit Space -